不動産運用(投資)について

将来の資本を増加させるために、現在持っている資本を投じて、アパートやマンションを建設したり購入したりして経営することを不動産投資といいます。先物取引や株などと違ってハイリターンを望めないですが、ローリスクでとても安定している上に、資産としてだけではなく税金対策や年金対策など様々な目的で投資できるので注目されています。投資には多額の自己資金が必要と思われている事が多いのですが、ある程度の収入があれば公務員やサラリーマンの方々もローンが組めるので、金利の少ない銀行に預金するより現在の預貯金をアパートやマンション経営で資産を運用しつつあります。また、月々のローンの大半は賃貸・テナント収入で返済できるので、ローンの返済も楽です。

先物取引や株と同じで、全くリスクが無いという訳ではないのでメリットやデメリット、運用の方法・成功のポイント・選び方を詳しく説明しますので勉強して老後の生活を快適に楽しく過ごしましょう。