不動産運用とは?

不動産を資産として運用する為に不動産を購入し、売却をすることで値上がり益を狙う方法と保有している不動産から賃貸収入を得る方法の二種類があります。

前者は、将来値上がりしそうな土地を購入しておいて、数年後に土地の値段が上昇したら転売して売却するか、その土地にアパート・マンション・ビルを建てて付加価値をつけてから売却するという運用方法です。はじめるには、かなりまとまった資金が必要と思われるでしょうが、意外とそうでもないのです。不動産運用には、複数の投資家で共有持分権を保持することで比較的小額で運用できる小口化不動産投資という方法がありますのでご安心ください。

後者は、アパート・マンション・オフィスビルなどを購入または建設し経営して継続的に賃貸料やテナント料を得る運用方法で更に売却時にも売却益を得られるという方法です。

また、複数の投資家から資金を集めて不動産を購入して、その不動産から生じる賃貸料や売却益を得て投資家に分配する証券化不動産投資という運用方法もあります。